全国のおせち料理の地方色

バナー

全国のおせち料理の地方色

日本全国のおせち料理には、さまざまな地方色があります。

自分の出身地のおせちやお雑煮がスタンダードだと思いがちですが、各地方の気候や特産品などによって、料理の内容には色々な違いがあります。

関東と関西で大きく別れる違いは、祝い肴の3種類の品目です。関東では、田作り・数の子・黒豆の3種ですが、関西では、たたきごぼう・数の子・黒豆の3種。



また、全体的に関東では伊達巻きやきんとんなど甘い味付けが好まれるのに対し、関西では海老の煮物など薄口醤油と出汁で味を付けるものが多くなります。地方ごとに独特の料理もあります。

おせちの通販のホームページをチェックしましょう。

北海道では、紅白なますに鮭の頭の薄切りを入れた「氷頭なます」が食べられていますし、福島では人参とスルメの細切りを甘辛く漬け込んだ「いか人参」を年末に作ります。金沢には、溶き卵を寒天で固めた「べろべろ」という独特のおせち料理がありますし、京都では棒だら(タラの干物)をじっくりと水で戻して煮付けを作ります。


長崎ではお正月に大きいものを食べる習慣があるため、クジラの身を湯引きにしたものが食べられ、宮崎では特産の金柑を甘く煮たものが入ります。

また沖縄では昔はおせちの習慣がありませんでしたが、最近は本州の影響を受け、田芋を甘く煮たものが栗きんとん代わりに食べられているようです。

このように、全国には地方独特の色々なおせち料理があります。

別々の地域の出身者同士が結婚して、初めてのお正月のとき意外なカルチャーショックを受けることも多いようです。



Copyright (C) 2016 全国のおせち料理の地方色 All Rights Reserved.