おせちに欠かせない「黒豆」

バナー

おせちに欠かせない「黒豆」

おせちを彩る食材は1つ1つ、意味が込められています。おせちの一の重に入れる「黒豆」は、魔除けや無病息災の意味を込めて、入れられる食材です。

道教では黒い色というものは、魔除けとされています。


「まめに働く」などの語呂合わせもあり、健康で1年働けるようにという意味も込められています。

おせちに欠かせない黒豆ですが、自分で作るとなると失敗しやすい食材でもあります。1年のはじめに食べるおせち、美味しい黒豆を作るコツを覚えて、食卓を彩ってみてはいかがでしょう。

美味しい黒豆を煮るコツは、まず豆選びから始まります。



数年前に取れた黒豆だと似ても硬くなってしまうケースが多いようです。


ふっくらとした黒豆に仕上げるには、今年取れたものを選ぶ必要があります。

黒豆の失敗として多いのが、味が染み込んでいないというケースです。

煮始めてから味を染み込ませようとしても、豆の中になかなか染み込みません。


まずは水と調味料を煮立たせた中に豆をひと晩漬け込んで、味を染み込ませた後に煮るのが美味しく仕上げるコツです。

コトコトと煮込んだ後ひと晩、そのまま汁につけて冷ましましょう。
こうする事でより味が染み込むだけでなく、黒豆にしわがより難くなります。



黒豆を煮るとき、重曹や釘を入れますがこれは、より黒豆を早く煮る為です。

アルカリ性の重曹には黒豆の線維をやわらかく、ふくらませる効果があります。

釘は黒豆をより黒く、艶やかに仕上げる為に入れるものです。

黒豆を美味しく煮るコツを覚えておけば、毎年のおせち作りも失敗が無くなるでしょう。



Copyright (C) 2016 おせちに欠かせない「黒豆」 All Rights Reserved.