おせちは神様に供える節供から

バナー

おせちは神様に供える節供から

おせち料理とは、重箱に伊達巻、かまぼこ、栗きんとん、田作り、数の子、黒豆など縁起の良い食べ物を詰め込んでお正月にみんなで食べるものでしょう。

その意味やそれぞれの料理にどのような縁起があるのか知らない人が多いと思います。



また最近では、おせち自体を食べない人が多いでしょう。

おせち料理の由来は、弥生時代にあると言われます。
弥生時代にはすでに農業が行われていましたが、作物が収穫できるかどうかは自然に委ねている部分がとても大きかったでしょう。
日本では自然の行いひとつひとつに神を感じ敬っており、神殿をつくり神事を行うことで神様に豊作を祈っていました。

そのひとつが「節供(せっく)」と呼ばれるものです。

節供は自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えたものを言います。神様に供えたものを料理して集落のみんなで食べるものを節供料理と言います。
一方中国では、元日や五節句など一年の節目の時に「節会」という宴が催されていました。

その文化が日本に伝来し節供と結び付き、お正月に食べる料理が「御節料理」と呼ばれるようになりました。おせち料理に使われる料理の意味を考えてみましょう。



数の子はニシンの卵ですが、魚卵は見ての通りたくさんの卵が詰まったものなので、そこに子孫繁栄の願いを込めたものです。



田作りはイワシの小魚を使ったものですが、田んぼの肥料にイワシを使ったことから五穀豊穣の願いを込めました。

黒豆は‘まめ’から、まめに働く・元気に働くことを願いました。


Copyright (C) 2016 おせちは神様に供える節供から All Rights Reserved.