家族のスタイルでおせちを選ぼう

バナー

家族のスタイルでおせちを選ぼう

お正月にはおせちを作って食べるといった風習は近年は少なくなりつつあります。
親族一同お正月に実家に集まることも、遠方に離れて暮らしていたりすると帰省代もばかにならないし、混雑するしといった理由で減ってきました。



故にほとんどいつもと変わらないメンバーではそれほど量も必要ないので決して安くない材料を購入して手間暇かけて作るよりはと、おせちを購入しようとする家庭は増えつつあります。

おせちと言えば、伊達巻に昆布巻き、田作り、黒豆にカズノコ、エビやなます、かまぼこやゴボウが並びます。

元々主婦がお正月くらい台所仕事を休もうという意味があったため、どれも日持ちのするものです。

家族みんなの幸せを願って、意味のある食材で作られているものですが、和の食材ですから色も地味だったり、味付けが単調だったりとなものという印象で、見た目も派手で、油分の多い料理を日頃から口にする機会の多い子供たちには不人気となっています。

こういったことから、近年販売されているおせちは洋風のものが入っていたりして、彩もきれいなものになっています。



昔ながらの料理も残しつつ少しアレンジを加えたものが多くなっています。



また、昔は3日くらいおせちを、つまりは同じ料理を温め直したりして食べ続けていましたが、今は1日食べたら翌日には食べない家庭が増えていますので、販売されているものも日持ちするものを販売されていますが1日で食べきれるような量となっています。

Copyright (C) 2016 家族のスタイルでおせちを選ぼう All Rights Reserved.